読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音のかけらたち〜歌い手の為のブログ〜

歌い手の為のブログ。音楽に関する情報、雑学を書いていきます。初心者必見です!

YouTubeばっかり見てても歌は上手くならない。


今の環境はすごく恵まれています。マイクで歌いたければカラオケはどこでもあるし、YouTubeで歌手のライブ映像がいくらでも見れます。アプリで世界中の音楽を聴くこともできます。

しかし、そんな便利な時代だからこそ、生音を聴かなくても満足してしまう傾向にあります。

今回は生音を聴く重要性について、書いていきたいと思います。


生音を聴いた方が良い理由

その①

「良い音とはなにか」を知ることができます。生の演奏にはたくさんの周波数が含まれています。低音から高音まで、人間の耳には聞こえない広い範囲の周波数が鳴るため、本来の音そのものを聴くことができます。

テレビや動画だと録音するときにその周波数が大幅にカットされてしまうため、良いスピーカーやヘッドホンで聴いたところで、生音には程遠いものがあります。

動画では低音で身体がズンズン響かないし、頭がグワングワンするほどの高音も鳴らないですよね。(不快なキンキンとは違いますよ)

その②

「良い声、良い歌とはなにか」がわかります。先ほどの周波数の違いに関連して、歌手の本当の声を知ることができます。

声には倍音というものが含まれており、ある周波数域の倍音が強調されていると鳴る音があります。それが動画ではカットされてしまいます。良い声を生で聴くことで、良い声のイメージをより明確にすることができるので、そのイメージを頼りに練習することができます。

そしてなるべくなら、大きな会場(ドームやスタジアム等)よりも少し小さめのライブハウスの方が良いです。大きな会場になるとそれだけ音が反響するし、音が加工されているかもしれないので、本来の音がわかりづらくなります。

小さめのライブハウスなら、音響もしっかりしているし、本来の音をそのまま聴くことができます。やりたいジャンルに関係なく、ガンガン大音量のライブよりはアコースティックな雰囲気の、良いシンガーのライブをたくさん見てください。イメージがより明確になります。

その③

その場の雰囲気や空気感がわかります。良いシンガーと言われる人は、第一声で観客を惹きつけることができます。そして、ステージングやMC、声のトーンなど様々な方法でお客さんを楽しませる技術と知識があります。それはその場所にいないとわからないことでもあります。

上手いだけで感動しない歌と、上手ではないけど感動する、満足する歌の差は何なのか、研究してみるのもいいですね。


今回は生音を聴く重要性について書きました。便利な時代だからこそ、ライブをたくさん見に行き、自分のセンスを磨いて成長しましょう。

次回はMCで言ってはいけないワードを紹介します。


ありがとうございました。



穏晴