読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音のかけらたち〜歌い手の為のブログ〜

歌い手の為のブログ。音楽に関する情報、雑学を書いていきます。初心者必見です!

歌上達のための、リズムトレーニング(中級編)


前回は初心者向けのリズムトレーニングを紹介しました。今回は引き続き、中級者のリズムトレーニング方法を紹介したいと思います。


⑴クリックの拍をいろんなところで感じてみよう!

これは16ビートの感覚を養い、リズムをコントロールする練習です。クリックを鳴らしながら、16ビートで膝を手で叩きます(左右の手を交互に)。

クリックの拍を今までは1拍目でとっていたと思いますが、これを16ビートの4拍目(クリック音の鳴るタイミングが4拍目)のつもりでとります。

数字が拍子の頭、ピがクリック音、・が拍(膝を叩くタイミング)だとすると


1             2             3            4

ピ           ピ          ピ           ピ

・・・・・・・・・・・・・・・・


1             2             3            4

           ピ           ピ           ピ          ピ

・・・・・・・・・・・・・・・・


このように、クリック音が各拍子の4拍目に鳴るようにリズムをとります。これは慣れるまで難しいですが、繰り返し練習して感覚をつかんでください。テンポは60ぐらいのゆっくりめから始めると良いです。

☆注意点として、各拍子の頭を強拍(膝を強く叩く)にしてしっかり感じつつ、4拍目にクリック音が鳴るようにします。そうしないと、結局自分が何拍目にいるのかわからなくなるからです。


これができたら、次は2拍目にクリック音が鳴るようにとります。さらに難しくなりますが、練習すればできます。これさえできれば、3拍目はウラ拍なので簡単にとれると思います。


⑵自分が歌う曲を、裏でリズムをとろう!

日本人は裏に対する意識が弱いので大変ですが、ビートは海外からきているので、練習して乗り越えましょう!

自分が歌いたい曲を1曲選び、曲中ずっと裏で手を叩きながら歌います。初めはあまりテンポが速くないものを選びましょう。歌につられて手が叩けなくなったり、リズムに意識をとられて歌えなくなったりすると思いますが、練習あるのみです。

☆注意点。足はずっと表でリズムをとります。そもそも、表がズレていては裏もなにも無いからです。難しいですが頑張りましょう。


今回はリズムトレーニング中級者編を紹介しました。いかがでしたか?

これらができるようになれば、ある程度正確なリズム感が身につくはずです。リズムが苦手という人は多いですので、ぜひ日々の練習に取り入れてみてください。

次回は生音を聴く重要性について書きたいと思います。


ありがとうございました。



穏晴