読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音のかけらたち〜歌い手の為のブログ〜

歌い手の為のブログ。音楽に関する情報、雑学を書いていきます。初心者必見です!

ミックスボイスとは?正しいミックスボイスの条件


前回の記事で声帯周辺の筋肉TAとCTについて紹介しました。わからない、知らないよーって方はぜひそちらの記事を読んでみて下さい。

今回はミックスボイスとは何か、そしてミックスボイスを出すにはどうやればいいのかを、書いていきたいと思います。


簡潔に言うと、ミックスボイスとはTAとCTの切り替えを限りなくスムーズに行い、チェストとヘッドの音域を一本の繋がった線のように発声することです。

では、それはどんな状態のことか、詳しく説明していきます。


ミックスボイスの条件その1

まずはブリッジ(喚声点)をスムーズに行き来できることです。ブリッジ付近で裏返ったりせず、上行もしくは下行する音のどちらでも、繋がっているように聞こえることが最低条件でしょう。


条件その2

下から上まで、声質をあまり変えずに発声できることです。高くなったら軽くなりすぎたり、喉を締めたような声や、息漏れが多すぎる声にならないようにします。


条件その3

ボリュームをコントロールできることです。音が高くなったら大きい声でしか出せなかったり、繋がってはいるけど裏声感が多いパワーのない声しか出せなかったら良いミックスの状態とは言えません。


僕が思うミックスボイスの条件1〜3を紹介しました。単にミックスボイスと言っても精度には大きく差があり、精度が高いほど地声のように聞こえたり、パワー感がある声になります。

条件1から順に難易度が高くなっています。これらを全てクリア出来ていれば、まずはミックスボイス完成と言ってもいいでしょう。


それでは、どうやって良いミックスボイスを出すのか気になると思います。

それは…次回の記事で説明したいと思います。ヒントはTAとCTに関係しています。重要なポイントですので、次もぜひ見てもらいです。


ありがとうございました。



穏晴