読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音のかけらたち〜歌い手の為のブログ〜

歌い手の為のブログ。音楽に関する情報、雑学を書いていきます。初心者必見です!

良い発声を理解するには必須!声帯の筋肉について知ろう


前回の記事から筋肉つながりで、今回から声帯周りの筋肉について書いていきたいと思います。発声をきちんと理解するには重要になりますので、ぜひ読んでもらいたいです。


声帯は筋肉によって引っ張られたり縮められたりしています。その筋肉の働きによって音の高さやボリューム、息の混ざり具合がコントロールされます。

その筋肉の中でも、歌に重要な2つの筋肉を紹介します。


1つ目は「甲状披裂筋」です。英語で略してTAと呼ばれています。

TAは主にチェストの音域で多く使います。声帯を縮めようとする働きがあり、後に説明する裏声の筋肉とつり合う関係になります。TAが鍛えられていないと声量が小さかったり、地声が息混じりの弱々しい声だったり、そもそも地声が無い人もいます。


2つ目は「輪状甲状筋」です。CTと呼ばれます。

CTは主にミドル(ミックス)〜ヘッドの音域で多く使われます。声帯を引き伸ばす働きがあり、声帯が伸びることで高音を出すことができます。ピッチをコントロールする筋肉とも言われています。CTが鍛えられていないと裏声が弱々しく、ピッチも不安定で、そもそも裏声が出せない人もいます。

このTAとCTの働きが発声に大きく関係しています。


TAがCTより強すぎる場合

チェストの音域は普通に歌えるが、高音になるにつれて苦しくなり、大きい声でないと中〜高音域が出せないです。声量はあるが、裏声に変わった瞬間弱々しくなったり、ブリッジ(喚声点)付近で声がヒョロヒョロします。また、首にすじが出て苦しそうな声になったりします。


TAがCTより弱すぎる場合

ヘッドの音域は割と強い声が出ますが、チェストになると弱々しかったり、息漏れが激しかったりします。また、一見ミックスでつながっているように聞こえますが、そもそもミックスにはなっておらず、CTがかなり優勢のまま中音域を出していることがあります。


この強すぎたり弱すぎたりするバランスは非常に難しく、正しい練習を行わないと逆効果になったり、直してもすぐ元どおりになってしまいます。

正直、日本にはこのバランスを整えられるボイストレーナーは少ないです。正しい知識も無いのに歌が上手いから教えている先生がたくさんいて、その生徒がまた先生になり、正しくないことを教える。この悪循環がずっと続いています。


皆さんもボイストレーニングに通うなら、しっかりと自分で勉強し、この知識がある先生かどうかを自分で見極められるようにしましょう。時間は限られていますからね!ぜひ参考にしてみて下さい。


ありがとうございました。



穏晴