読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音のかけらたち〜歌い手の為のブログ〜

歌い手の為のブログ。音楽に関する情報、雑学を書いていきます。初心者必見です!

腹筋は鍛えた方がいいのか?歌と腹筋の話


音楽に興味無い人でも1回ぐらいは聞いたことあると思います。腹筋と歌の関係。昔はとにかく腹筋を鍛えれば、腹式呼吸もできるし強く息を送れるようになり、声量も音域もアップするみたいな理論がありましたね。果たして本当なのでしょうか?


今回は歌と腹筋の関係について説明しましょう。


まず腹式呼吸と腹筋の関係です。

腹筋を鍛えれば腹式呼吸が出来るようになるのか。答えはノーです。

寝てるときに腹式呼吸になってることは今や常識ですね。ということは腹筋ぶよぶよでも腹式呼吸できますね。

ただ自在に息をコントロールするという意味では、腹横筋や背筋を鍛えると呼吸をサポートしてくれます。


次に声量と腹筋の関係です。

これはいかにも関係ありそうな感じですが、理想的な発声をしていればあまり関係ないです。正しくない発声をしてる人が、お腹を使いたがります。そこに頼らないと声量が出ないからです。

声帯の筋肉のバランスが整っており、共鳴腔のセッティングが正しくなっていれば、楽に発声をしているのに声量は大きくなります。

歌手が、高音域を地声のような声質でパワフルに歌えるのはそのためです。


次はステージングと腹筋です。

これはもちろん関係あります。腹筋と背筋が鍛えられていれば姿勢が良くなり、割れていればルックスも良いですよね。そしてダイナミックな動きや素早い動作ができ、体幹がブレないことで動いても歌が安定します。ダンスをしながら歌う人は必須ですね!


今回は腹筋と歌の関係について書きました。結論としては、歌手は人に見られる職業なので体を鍛えておくことに越したことはないです。しかし、その目的や使い方を間違えないようにしてほしい意味でも、知っておいて欲しいです。


ありがとうございました。



穏晴