読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音のかけらたち〜歌い手の為のブログ〜

歌い手の為のブログ。音楽に関する情報、雑学を書いていきます。初心者必見です!

野球と音楽の共通点の話


野球を観に行くと応援団やブラスバンドがいて、応援歌を演奏していますよね。みんなで歌ったりもしています。


実は意外と野球と音楽は共通点があります。

今回は少し話題を変えて野球と音楽について書いていきたいと思います。


僕は中、高と6年間野球部でした。高校野球では、ブラスバンドが野球応援で演奏しているのを見かけると思います。野球が強い高校はブラスバンドも演奏が凄いんですよね。チアもたくさんいますしね。


プロ野球も応援歌が醍醐味の1つでもあります。しかしそれが普通だと思っていると、応援歌が無い試合(WBCや日米戦等)は凄い静かな感じを受けますよね。それだけ野球と音楽が結びついているということです。


メジャーリーグは応援歌は無いですが、観客が声を出すので賑やかです(笑)それでも打ったときの音や、キャッチャーが捕ったときの音が聞こえるのでより臨場感があります。


スポーツをしている時の音はリアルに体感できる要素です。例えばバスケはドリブルの音とか、バッシュの音が聞こえた方がいいですよね。卓球のコンコンした音や、ゴルフでカップインした時の音など、スポーツと音は密接に関わっています。


他にも会話はキャッチボールとかいう言葉を聞いたことがあると思います。野球では基本の練習ですが、これも音楽に通ずるものがあります。


ライブというのは、お客さんとのコミュニケーションで成り立っています。

つまり、お客さんが何かを求める。それに歌い手は答えるということですね。


野球に例えれば、相手が捕りやすい位置に投げる。捕りやすいリズムで投げる。相手第一に考えて、その上で良い球を投げるのが自分の目標です。


聞く相手がいなければ歌手という職業は成り立ちません。良い歌を聞きたい、楽しみたい、カッコいい人を見たい。そんな要望にパフォーマンスで答えていく。それがキャッチボールというものです。



今回は野球と音楽の共通点の話をしました。根本的な部分は、同じ人間なので繋がる部分がありますね。他にもいろいろ探してみると共通点があり、何かのヒントになるかもしれないので、ぜひ探してみて下さい。


ありがとうございました。



穏晴