読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音のかけらたち〜歌い手の為のブログ〜

歌い手の為のブログ。音楽に関する情報、雑学を書いていきます。初心者必見です!

あなたはどれに当てはまる?発声の4タイプ診断


歌を歌うことは誰でもできること。上手い下手は別として。誰でも出来るからこそ、歌手になるには人よりも数倍優れた歌唱が必要になります。そのためには正しい発声が不可欠です。


人の発声には4タイプの傾向があります。これを知っておくことで、自分が今どんな状態で、何を練習すれば良いのかがわかります。


今回は、その4タイプとは何なのかを紹介します。あなたはどのタイプかチェックしてみましょう!


⑴張り上げ発声

このタイプは多いですね。チェスト(地声)から高音域に移るときに、チェストのまま張り上げてしまうパターンです。

傾向としては「歌うとすぐ疲れる、声が枯れる、高音が出ない、苦しそうな声質、低音は割と得意」などがあります。


⑵ひっくり返り発声

これも多いです。チェストから高音域に移るときに、ミックスにうまく繋げられずひっくり返ってしまったり、中、高音域が裏声でしか出せないパターンです。

傾向としては「ブリッジ(喚声点)付近で裏声しか出せない、張り上げようとしてもひっくり返る、チェスト音域が狭い、裏声は割と得意」など。


喉頭の位置が高いor低い発声

これは喉仏の位置が、歌っているときに高いか低いかです。高ければ詰まったような、キンキンした声で、張り上げタイプに多いです。低ければオペラの真似みたいなこもった声で、ひっくり返りタイプに時々います。


⑷全部裏声and息が多過ぎる発声

これはたまに見かけます。本来ならチェストで出す音域まで、全て裏声で歌う人や、一見ミックスに繋がってるようにみえるが、息がすごい多いので声量が小さく、マイクのノリも悪いようなパターンです。


以上、大きく分けて4つのパターンがあります。例えミックスがうまく繋がっていても、どれかに寄っていることは十分あります。


あなたはどのタイプに当てはまると思いますか?それを調べる簡単な方法を紹介します!


『あ』の母音で[ドミソミド]というスケールを使い、半音ずつあげていきます。

ブリッジを超えても張り上げてしまうなら張り上げ。ブリッジで裏声に変わってしまうならひっくり返り発声。というように、自分の発声を録音して客観的に聞いてみて下さい。


目標はブリッジを声質や音量の変化無く、スムーズに行き来できるようにすること。そして無駄な力が入らないようにし、声が枯れない歌い方を身につけていくことです。



しかし発声の難しさと言ったら、目隠しをして正確に食事をするようなものです。発声は目に見えない声帯を操るんですからね。


日々の練習を怠らず、地道に続けることが上達の近道です。目標に近づけるように頑張りましょう。


ぜひ皆さんも自分の発声パターンを把握し、練習に役立ててみて下さい。


ありがとうございました。



穏晴