読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音のかけらたち〜歌い手の為のブログ〜

歌い手の為のブログ。音楽に関する情報、雑学を書いていきます。初心者必見です!

歌の練習時間はどれぐらいしたらいいか?

どんな道であれ、プロを目指すなら欠かせないのが練習ですよね。今プロで活躍している歌手は素人時代、練習を毎日怠らず、常に音楽のことを考えてたような人達だと思います。

ではもしあなたが歌手を目指すとして、一体どれぐらい練習したらいいのか、おおよその目安を書いていきたいと思います。


発声

まず発声に関しては、15〜30分程度を朝と夜の2回行うのが理想です。ですが、2回時間を取るのが難しければ1回でも良いです。その日の話し声にも影響するのでなるべく早い時間帯の方が良いでしょう。

発声練習はあまり長い時間行っても効果は上がったりしないので、この程度がちょうど良いです。発声ばかり気にしていた人は、これからは他の練習に時間をまわしてください。


リズム

リズムは苦手な人が多いですし、重要視している人が少ないように思います。音程は自分でもずれたらわかることが多いですが、リズムは自分でなかなかわかりづらいからです。意識もピッチの方に傾きがちですしね。

リズムトレーニングは、本当はダンスがリズム感を身につけやすいのですが、興味が無い人はメトロノーム(クリック音)に合わせて歌ってみたり、音楽を聞きながらシェイカー的なものをビートに合わせてシャカシャカ振るのも効果的でしょう。15分ぐらいは行いたいですね。


音感

これは皆さんが良くしたいと思う率No. 1ですね。どうしても人は音のズレに敏感なので仕方ないですが。これは耳を良くすることと発声を良くすることを同時進行で行うことで、より正確なピッチで歌えるようになります。耳だけ良くても、発声だけ良くても安定はしません。聴音と、鍵盤で音を出してぴったり合うように声を出す練習を20分ぐらいしたいですね。


歌い回しやアクセントの位置と強弱、ダイナミクス、声色などの全てをその曲に合ったものに合わせていき、歌自体の完成度を上げる練習を最後にまとめとして行いましょう。歌っては録音して聞き直し、自分が納得する歌い方ができるまで何度も繰り返しましょう。45分は練習したいところです。


ステージング

曲に合ったリズムの取り方、表情、手の使い方、動き方等の練習です。15分ぐらいしたいですね。


大体歌だけでもこれぐらいは毎日しておきたいですね。これ以外にも、楽器は出来た方が良いですし、作詞、作曲もした方が良いです。ファッションや髪型も気をつけたり、趣味も何かしらあった方が良いし、これらのことを行いながらファン獲得の為の活動も行います。


どうでしょうか?あなたは楽な生活を捨ててこれらを毎日欠かさず行い、歌手を目指したいと思いますか?ちなみに僕はまるまる1日休みの日は8時間以上は何かしら練習や音楽関係のことをしています。そういう人達が全国にたくさんいることを考えれば、練習をしないで、又は少しの練習でプロになりたいというのは甘いということを、容易に想像できます。


練習はすればするだけ上手くなります。僕も最初は下手でしたが、確実に上手くなっています。歌手を目指したいという方は、ストイックに練習し、一緒に頑張りましょう。


ありがとうございました。



穏晴