読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音のかけらたち〜歌い手の為のブログ〜

歌い手の為のブログ。音楽に関する情報、雑学を書いていきます。初心者必見です!

歌の個性、センスを身に付けたい人必見!完コピのすすめ

歌を練習していくと多くの人がぶつかる壁が、個性がない、センスがないと言われてしまう。又はそう感じてしまうことです。

自分はこんなに練習して頑張っているのに、全然練習してない他の人より上手く歌えない。そんな劣等感から最初は好きで始めた歌もいつの間にか苦痛になって、歌うことをやめてしまう人が周りにも何人かいました。


今日はそんな方におすすめの練習法「完コピ」を紹介したいと思います。モノマネとは違いますよ。なぜ完コピが良いのかは記事の最後に書きます。


①まず自分の好きな歌手を決め、その中から自分が歌いやすい曲を選ぶ。その際のポイントが[テンポが早すぎず、キーも低めな曲]を選ぶことが非常に大事です。そしてなるべくソロで癖が強すぎない歌手が良いです。

例えばB'z、ラルク等は癖が強いですよね。これはモノマネになってしまう可能性大です。


②決めたらその曲の歌詞を全部ひらがなでノートに書く。行間の余白が多い方が良いです。


③ワンフレーズごとに何回も再生してその歌手がどう歌っているかをかなり細かく聴き取る。

聴き取るポイントその1

ベンドを聴いてみましょう。しゃくっていればその部分を歌詞ノートに書き込み、フォールしている部分も書き込みます。例えばしゃくりは  ノ←こんな記号とか

その2

ビブラートをかけている場所を聞き取り、書き込みましょう。〰︎の記号を使うと分かりやすいです

その3

フェイクがあればそれも書きます。コツは1個1個の音を鍵盤で確認したり、どこで上がってどこで下がっているのかを聴き取ることです。例えば上がって下がるフェイクなら凸←こんなイメージですよね(笑)

その4

ブレスポイント(息を吸う場所)も全て書き込みます。Vで書くことが多いです。逆にブレスアピール(息を吐いて音を切ること)も同時に聴きとってみましょう。

その5

声質はどこでウィスパーになって、どこでしっかり鳴らし、どこで柔らかくなり、ダイナミクスはどのようにつけているのか等、声に注目して聴き取り、書き込みましょう。


④以上のことを書き込んだらワンフレーズごとに音源を流して一緒に歌い、録音します。元の歌手と歌い回しがそっくりになるまで、歌う→録音を聞く  を繰り返してください。声は似せなくても良いですが、歌い回しは完璧に似るまで繰り返しましょう。


⑤歌手の歌が入ってないカラオケ音源で歌ってみて、その歌手が歌ってるように聞こえるまで歌う→録音を聞く  を繰り返し、あまり似てなければもう一度歌入りの音源で練習しましょう。


以上が完コピの手順です。


これをするとモノマネになってしまい、個性が無くなると思う方もいるかもしれません。しかしこれを10人の歌手を完コピ出来るようになったらどうでしょう?プロの歌手の歌い回しが10通り身につくということです。50人完コピすれば50通りです。50通りの歌い方が出来るということはそれだけテクニックの引き出しができるということです。


ある有名な書道家の言葉が非常に為になったので紹介します。

「お手本の字を、完璧に真似る。どれだけ似せようと練習しても真似出来ないところ、それが自分の個性だ」

なんかハッとさせられませんか?これは芸術の分野ではほぼ全てにおいて当てはまると思います。


人は今持っている知識のほとんどが人から与えられた知識です。ということは歌のセンスも個性も人の歌を真似ることから始まります。ぜひ試して見てください。


ありがとうございました。



穏晴