読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音のかけらたち〜歌い手の為のブログ〜

歌い手の為のブログ。音楽に関する情報、雑学を書いていきます。初心者必見です!

1日五分で必ずできる!ビブラート練習法

歌を始めたばかりの頃、テクニックとして最初に思いつくのがビブラートって人は多いのではないでしょうか?でもすぐに出来るようにはならないですよね。揺らし方がわからない人もいます。


今日はそんな方の為に1日5分練習すれば必ずできるようになるビブラートの練習方法を紹介します!


ビブラートのかけ方にはいくつか種類があり、一般的なものでは「音程変化」によるビブラートと、音量(音圧)変化によるビブラートがあります。


音程変化のビブラートは、例えばC(ド)とC♯を交互に出し、その間隔を速くしていけばビブラートになります。

音量変化のビブラートは、Cの高さは変えず、音量やダイナミクス(共鳴)の量を変化させてかけるビブラートです。


まずは感覚を掴むために音量変化のビブラートを練習してみましょう。


お腹に手をグーにして当てて、「あーーー」と声を出しながら好きな間隔でお腹を押してみてください。声が揺れるはずです。(気持ち悪くならない程度にしましょう。笑)


ここで揺れる感覚を掴んだら、次は「あーーー」と10秒間声を出します。最初の5秒はお腹を手で押して揺らして、残りの5秒は手を使わずに揺らしてみましょう。揺らす際にピッチが変わらないようにします。何回もやれば必ず出来るようになります。


音量変化が出来るようになったら次は音程変化のビブラートの練習です。


まずは自分の出しやすい音を出してみましょう。例えばC(ド)を出しやすいなら、Cを出した後C♯を出して半音変化させます。鍵盤で音を確認しながらやってみて下さい。

音が確認できたら人差し指を前に出し、下げた時にC、上げたらC♯を出すようにして人差し指と一緒に声を揺らしてみましょう。初めはゆっくり半音移動を繰り返し、慣れてきたら間隔を速くしていきましょう。


最初は難しいと感じるかもしれませんが、1日や2日ではできません。しかし毎日5分練習すれば必ずできるようになります。

慣れてきたら自由自在にまっすぐ伸ばしたり揺らしたり、間隔を狭めたり広くしたり、波を大きくしたり小さくしたり出来るようになります。



ここで1つ注意点があります。ビブラートが出来るようになったばかりの人に多いのが、フレーズのいたるところで声を揺らしてしまうことです。

そもそもビブラートは、バラードで切なさや柔らかさを表現したい部分で使ったり、アップテンポでの疾走感、パワー感を表現する時に使うものです。

あまり多用しすぎると、くどく聞こえてしまうので歌手の歌をよく聞いて研究してみましょう。


ビブラートを使えるようになれば、表現の幅が広がりますよ!ぜひ練習してみて下さい。



ありがとうございました。



穏晴