読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音のかけらたち〜歌い手の為のブログ〜

歌い手の為のブログ。音楽に関する情報、雑学を書いていきます。初心者必見です!

ミドルボイス、ミックスボイスって?声区の分け方について

最近はミックスボイスとかヘッドボイスとか良く聞きますが、いろんな知識がごちゃ混ぜで何が正しいのかよくわかりませんよね。

正しい知識を持っていれば、理解が早まるので上達につながります。


そこで今回は、様々な理論がごちゃ混ぜになっている声区について書いていこうと思います。


まず1番日本人になじみがある地声と裏声という分け方です。

地声というのは大抵の人が話す時に使う声。裏声は驚いたときとか笑ったときとかに出たりする声。基本的に女性の方が日常的に裏声を使うことが多いです。


地声と同じ意味で表声や胸声、チェストボイスと呼びます。裏声は頭声やヘッドボイス、ファルセットという呼び方があります。

1つの声になぜ多くの呼び方があるのかというと、ポップスやクラシック、海外など他のジャンル、国で使われている用語が他の分野に広まり、混ざって使われてしまっているからです。


他のジャンルのものと混ぜて使うと混乱するので、アメリカのポップス界で一般的なものを紹介します。

チェストボイス(最低音〜mid2G付近)

ミドル(ミックス)ボイス(mid2F付近〜hiB#当たり)

ヘッドボイス(hiB#付近〜最高音)

ウィスパーボイス(息漏れさせた声)

ファルセット(息漏れさせた裏声)

ちなみに音域は男性基準です。平均値なので個人差はありますが、大体こんな感じというのを知っていれば十分です。


気をつけてほしいのが、ミドルボイスにもミックスボイスや中声、ヘッドボイスなど別の呼び方があり、さらに基準が曖昧です。

裏声っぽいミドルや地声っぽいミドルなんて聞いたことある人もいると思いますが、解釈がバラバラで、その人の聞こえ方次第で呼び方が変わってしまうんですよね。これについてはまた別の記事にしたいと思います。


でも大事なのは呼び方ではなく、歌の中のどの部分でその声を使うか。表現する上でふさわしい声はどれなのかを考えることの方が大事です。そこを忘れないようにしましょう。


ありがとうございました。



穏晴