読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音のかけらたち〜歌い手の為のブログ〜

歌い手の為のブログ。音楽に関する情報、雑学を書いていきます。初心者必見です!

正しい腹式呼吸の知識を知ろう!

ボイストレーニング 音楽論

前回の記事で、腹式呼吸の誤解について書きました。

今回は、なぜお腹がぱんぱんになるまで息を吸ってはいけないのか、そして腹式呼吸の正しい知識について、説明していきたいと思います。


結論からいうと、空気は勝手に入ってくるものだから限界まで吸おうとしてはいけないのです。


空気がなぜ肺に入るのかというと、空気は圧力の低い方へ流れるからです。要はボイルの法則と同じこと。

息を吐き切った後にお腹の力を抜けば勝手に空気が入り込むので特に吸うぞ!と意識しなくても呼吸できるんですね。


息を吸おうとして無駄な力が入ってしまうと、肩が上がって胸式呼吸になったり、浅い息しか吸えなくなってしまいます。

 

そして限界まで吸ってしまうと、歌に悪影響が出ます。

たくさん吸ったことが原因で、肺の体積が大きくなるので圧力が上がり、体が早く息を吐きたいと思うわけです。

その結果、一言目で大量の息を吐いてしまうため、コントロールができず不安定になります。また、長いフレーズやロングトーンで息が続かないという原因になってしまうのです。


「慣れてないからだよ」とか「練習すれば出来るようになる」と、ヴォイストレーナー

言われると、そうなのかな〜と信じてしまいがちですが、歌いにくい歌唱法に正しいものはありません。(ただし、間違った癖を直すために行うエクササイズでは、正しい方法でも歌いにくく感じることがあります。)


なので腹式呼吸の原則は、ワンフレーズ歌ったらお腹の力を抜く。すると勝手に空気が入り込むので、次のフレーズに入る。というのが自然な腹式呼吸です。

これを出来るように練習しましょう。


 

次回は腹式呼吸で高い声が出るのは間違いだという理由と、その勘違いが起こる原因について書きます。

 

ご質問等ありましたらコメント欄にお願いします。


ありがとうございました。



穏晴