読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音のかけらたち〜歌い手の為のブログ〜

歌い手の為のブログ。音楽に関する情報、雑学を書いていきます。初心者必見です!

歌が下手になる⁉︎腹式呼吸の誤解について

ボイストレーニング 音楽論

腹式呼吸 この言葉は音楽を勉強していなくても多くの人が知っています。


しかし、よく知られているからこそ間違った情報や誤解が生じています。その知識や教え方は、人により異なってしまっているのが現状です。

その結果、本来なら歌を上手くする為の方法として行うものなのに、逆に上達の邪魔になってしまいます。


では、腹式呼吸とはいったい何なのかを説明していきたいと思います。

 


呼吸の方法には、日常的に行う二つの方法があります。

 

胸式呼吸 胸筋の働きに基づく胸郭の運動による呼吸。例えば走っているときに行う呼吸は、胸式呼吸の割合が多いです。

胸式呼吸は体内に酸素を早く取り入れるために、素早く浅く呼吸をすることに優れています。

 

腹式呼吸     横隔膜の上下の動きによって肺の体積を変化させて行う呼吸。

息を吐くと横隔膜が上がり、肺の体積が少なくなる。すると大気圧に対して肺の圧力が下がり、お腹の力を抜くと自然に空気が流れ込んでいきます。安静時に多く見られ、寝ているときはこの呼吸法に自然となっています。

 

・・・とりあえず定義のようなものを書きましたが、じゃあ一体どっちが歌を歌うときには適しているのかというと、それは腹式呼吸です

腹式呼吸が出来るようになると、息のコントロールが身につき、歌が安定します。


 しかし「それならお腹を極限まで膨らませて呼吸しながら歌えばいいんだよ」ってなると間違いが起きます。

 

「高い声を出すにはお腹に力を入れて、息のスピードを速めるのよ!そのために腹式呼吸が必要なの」

それも違いますね。

 

「もっとお腹から声を出すために、ブレストレーニングしましょう。腹式呼吸が身につけば自然と声量が上がるよ」

もっともらしいけど違います。

 

ボイトレに通うと、初めによく言われるやつですね。はっきり言ってこれは間違いです。もしこんな事を言うボイストレーナーがいたら、発声面はその人から教わるのをやめたほうがいいです。


勉強熱心な生徒さんは、それが正しいと思い込んで教えを守り、一時的に声が大きくなった気がしたり、高い声がでるようになった感じがしてしまうのです。実際ほんの少しだけ効果が出てしまうのが、大きな落とし穴なんですねー。


次回の記事は、これらの教えが間違っている理由について書いていきたいと思います。


ありがとうございました。



穏晴